2011年11月23日 (水曜日)

ガールズが好きです

ブログをごらんいただき、ありがとうございます。
すっかり季刊となってしまったブログ更新です。

数年前に、映画「スゥイング・ガールズ」を観て
すっかりジャズにはまってしまった私が、
今度は、最近DVDで観た「書道ガールズ」に
はまってしまいました。

舞台は四国中央市。
市町村統合前は川之江市と呼んだあたりでしょうか。
女子高生が書道パフォーマンスを通じて
地域や自らの「再生」をテーマに繰り広げられる物語です。

未曾有の東日本大震災が起きてしまった今年も
早いもので、年賀状の心配をはじめるようになった今日この頃。

たまには宛名もパソコンでなく、手書きでとか
不埒な考えが頭をよぎったものの、ふと気づけば
鉛筆や筆をキーボードに取って代え
すっかり字が下手になってしまった私。

今年は少し時間に余裕もあることだし
手作り年賀状でもと考えているところです。

ただ残念なのは、気合いを入れて書きたくなるような
女の子も周りにいなくなったこと・・ええ、そうなんです。

来る年は
字の練習も含めて自らの「再生」の年にするのもいいかも。

あ、DVDがやかましい?
すっかり、まわしが似合うようになった
奥さんが起きてきました。

この人も再生しないでしょうか・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土曜日)

<

これで、「ごみ」と読むんだそうです。
最近、書くことがめっきり減ってきて字を忘れる忘れる。

さすがに危機感を覚えてきたので
なるべく正確に書くことを心がけています。

そうそう、ゴミです。
テレビで、うちの知事がとても怒ってらっしゃるのを
久しぶりに拝見しました。

核燃料廃棄物の埋め立て候補地に
県内の自治体が町長さんの独断で立候補したところ
それが受理され、「住民を無視している」ということで
東京に怒りに行ってくれたみたいです。

そりゃそうでしょね。
誰だって自分の家の庭先に、ゴミを捨てられるのはいやでしょ。

でも、よくよく考えるとこういう問題って多分根深くて
今回はゴミの中身が中身だけに大きく取り上げられてもいますが
人が生活している以上、何らかのゴミは出るわけで
出たゴミはどこかで処分しなければならず

それが私の町でなければかならずどこかに行くわけで。
単にそれが自分ちでなければいいという問題ではない気がします。

以前電力会社のCMで

「エネルギーの3割は原子力」というコピーを
見た気がしますが、本当にそうなら私がいま使っているパソコンの
消費電力の3割は原子力からという事になります。

人が生活の多くを電力や化石燃料に依存し始めたのは
きっとこの200年くらいの話で
地球の年齢が46億年もと言われていますので
あっちゅー間に

人はそういう資源を使い果たそうとしている事になりますよね。

どうすりゃいいんだろうと思いますが
とりあえず、電気代を3分の1減らす努力を始めれば
私の家計も酒代も少しは潤う気がしてきました。
がんばろ。

といいつつも
この3連休、月曜日のごみ収集がどうなるのか
心配で心配で仕方のない茶が丸でした。
・・さっさと確認しろよ。

画像はそういう映画のDVDです。
キャストもなかなかの玄人好み・・だと思います。

ブログをごらんいただきありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土曜日)

大杉君枝アナ ご逝去

今朝、パソコンを立ち上げたらポータルサイトに

この記事が載っていて、まさかと思い検索をかけたら

悪い予感が当たっていました。

私がこの方を最初に知ったのは「所さんの目がテン」で

確か初代のアシスタントアナをつとめていらっしゃったのでは

ないかと記憶しています。

かぶり物とかして、よくテレビで拝見した記憶があり

一見、あっけらかんとして明るいキャラクターが大好きでした。

最近見かけないなとは思っていたのですが、残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土曜日)

渡る世間は

紙がない・・もとい。「鬼ばかり」でしたね。

俳優の藤岡琢也さん、お亡くなりになったそうですね。

お悔やみ申し上げます。

茶が丸の世代は、どちらか言えば

「さっぽろいっちっばん・・」のCMの印象が強いです。

さて、トイレットペーパーがなくなったので

コンビニに行くと、値段かなりあがってました。

原油高の影響でしょうか、やだやだ。

省資源でペーパーレスもいいですが

必要不可欠な物。

例えば木を植え、資源を創り出す営みも大事なのかな

と、勝手に思っています。

私事ですが、私、たまに古紙ではがきとか作りますが

うまくいかないんだな、これが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月 6日 (金曜日)

串にささってだんご

古っ!

わかってるんですけど・・

今夜は中秋の名月

茶が丸の住んでるとこでは、月、きれいです。

今日は、夕方少し用事があって

仕事を早退し、寄り道をして

家に帰ったら、靴下が真っ赤!

左足に傷があるじゃないですか・・。

茶が丸って、両下肢に麻痺があるため

怪我をしても痛くないので気づかないことが・・

時々あります。

だからといって、手当てをしなくていいわけじゃありません。

んー、不便。

「障害は不便ではあるが、不幸ではない」

ばい へれん・けらー

でも、あたしゃちょこっと不幸かも。

すんまそん、愚痴でした。

そうだ・・月見団子買うの忘れてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日曜日)

バランスボール

今、テレビでやってます。黒バラ。

私、ピンクのかわいいやつ持ってます。

障害のせいもあって、脊柱の湾曲がひどく

気休めに矯正の道具にしようと思いましたが・・

の・・乗れない!私が小さすぎるんです。

余談ですが、うちの犬(チワワ)の数倍の大きさがあるので

いじょーに怖がります。

でも、時々使ってます。

思うに、いろんなサイズがあれば用途もひろがるかなと。

メーカーさん、よろしくお願いします。

これも余計ですが、背骨矯正のため

昔なつかしい「ぶらさがり健康器」もひそかに探してます。

ご存知の方、ご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日曜日)

僕たちの戦争

テレビ放映やっていました。

見るとはなしに見ていましたが、大好きな女優さん(上野樹里)が

出ていたので、途中からはかぶりつきで見ました、

そう、スゥイングガールズにかぶれて、自らトランペットを

習っている茶が丸です。

それはそうとタイトルのこの1冊、今読んでみたい本です。

「正しい戦争なんて どこにもない」

番組で流れたエンドロールのコピーでした。

本当にそう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土曜日)

キグルミ

そういうユニット名だそうです。

「たーらこー たーらこー」のCMで流れている歌のユニット名。

たった今、テレビで紹介されていました。かわいい小学生二人のユニット。

ずーっと気になっていましたが、あるんですね、CD。

早速検索してしまいました。それにしてもミーハーな私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木曜日)

3丁目の夕日

今日から少しずつ
自分が買ったり、読んだり、観たりしたものをのっけていこうと思います。
いわゆる、アフィリエイトですね。

最近、よく観ています。
ずいぶん昔、コミックでは読んだのですが
原作の西岸良平さんって、いったいおいくつくらいの方なんでしょう?

日本アカデミー賞とかたくさんとったみたいで
かなりおもしろいです。

時代は多分昭和33年頃
建設中の東京タワーとか出てきます。

キャストも今が旬の須賀健太君(でしたっけ?)
堀北まき(字がわからない)さんをはじめ
堤 真一 さんや薬師丸ひろ子さんが脇を固めます。

私くらいから上の年代の方
どっぷりとノスタルジィにひたりたい方におすすめです。

主題歌を歌っている D-51もいいんですよ、これが。

最近、自分の昔の話を書きたくなって少し書いていましたが
なんだか内容がまとまらなくなってきたので

それはそれで、別のサイトに移そうかどうしようか検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火曜日)

1リットルの涙 最終回

先ほど、最終回が放映されました。

結構前に原作本を買ったのですが、まだ読んでいません。

テレビもあまり観ていなかったのですが、最終回のラストを偶々観てしまいました。

茶が丸自身、障害者で、子供の頃、やはりテレビと同じように文字盤で会話をする同級生がいたことを思い出しながら観ていました。

テレビの主人公とは、病名も症状も違いますが、私の同級生は脳性まひのため体が硬直し、うまく話せないために文字盤で会話をしていました。

お互い慣れてくると、文字盤で何文字かさしただけで次にくる言葉を類推できたりするくらい仲も良かったです。彼は今どこでどうしているのでしょう?

世間ではもうすぐクリスマス。

茶が丸の好きなジョン・レノンの「HAPPY CHIRSTMAS」の歌詞のように、みんなが幸せなクリスマスを迎えられればいいなと思うけど

長く生きていると、結構つらい事もあってへこんだりもしますが、生きていたくても生きられなかった人たちの事を忘れてはいけないんだと思います。

少し昔の事と、自戒の念を想い起こさせてくれたドラマでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)