« 06月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 06月14日のココロ日記(BlogPet) »

2008年6月 7日 (土曜日)

たけのこ

ブログをごらんいただき、ありがとうございます。

今回は筍に纏わるお話です。

ある所に一組の男女がおりました。

男の父親は病で

もう長くはないと言われていました。

二人は父親の見舞いに行く約束を何度もしましたが

お互い都合がつかず、のびのびになっていました。

今日こそ見舞いに行こうと約束したある日

約束の時間を過ぎても、女は現れませんでした。

そうこうするうちに

女から男のもとに電話がかかってきて

「親戚の所に筍をもらいに行くので、

お見舞いにいけなくなった。」

という連絡が入りました。

その日はもう何度目もの約束だったので

男はがっかりしながら

一人で父親の見舞いに向かいました。

数日後、容態が悪化した男の父親は家族を枕元に呼び

朦朧とする意識の中こういいました。

「蒟蒻を炊いちょけ。

筍がどっさりあるき一緒に炊いたらえい。」

しかし実際は筍など家のどこにもなく

うわ言だと思った家族は

「お父さん、筍らあないで。

けんど蒟蒻は炊いちょくきね。」と父親に言いました。

そうすると父親はまた

「ありゃ、そうやったかのう。ありゃ、夢やったろか。」

とうわ言のようにつぶやきました。

それから何日かの後、父親は家族に見守られながら

安らかに永遠の眠りにつきました。

その日の午後の事、父親がなくなった事を

まだ知らせてもいない親戚のものが

筍をどっさり持って、父親のもとに見舞いに来ました。

それはきっとただの偶然だったり

その偶然に何らかの理由を

こじつけたいだけなのかもしれないのですが

それでも、その筍は父親が呼び寄せたものか

それとも筍がどっさり来る事を知っていたかの

どちらかなのでしょう。

私事ですが、過日、父を亡くしました。

このお話はその時に経験した実話です。

私はこの二つの筍に纏わるお話を

一生忘れることはないでしょう。

|

« 06月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 06月14日のココロ日記(BlogPet) »

コメント

ゴン太さん、お見舞いありがとうございます。
おかげさまで少し落ち着いてはきました。
・・今日は父の日ですね。

投稿: 茶が丸 | 2008年6月15日 (日曜日) 04時28分

なんとお慰めすれば良いのか
思いつきません。
茶が丸さんの悲しみは、想像できないほど深いことでしょう。

茶が丸さんが元気になりますよう、
お父様が、安らかにねむられますよう、お祈り申し上げます。

投稿: ゴン太 | 2008年6月13日 (金曜日) 16時54分

juliさん、お悔やみありがとうございました。
ここしばらく、本当にいろんなことを経験しました。
このお話の時以来、相方とは会っていません。
きっと相方もいなくなるんだろうなと思っています。

投稿: 茶が丸 | 2008年6月 8日 (日曜日) 03時29分

お父様、残念です。
心よりご冥福をお祈り申し上げます

今頃は、空の彼方で
美味しい筍を召し上がられているかしら

投稿: juli | 2008年6月 7日 (土曜日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47638/41453430

この記事へのトラックバック一覧です: たけのこ:

« 06月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 06月14日のココロ日記(BlogPet) »