« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日曜日)

24時間テレビご苦労様でした

29回目でしたっけ・・・

多分一番最初には萩本欽一さんとかがはじめられたことを

知らない方もだんだん増えているのかなという気もします。

賛否両論あるようですが、私は・・・好きかな。

今や甲子園と並び夏の国民行事になりつつある気もしますが

私も含め、年に一度くらい自分以外の人の事を思うのもいいかなと。

参加したいと思いながら、いつもわずかばかりの募金をして終わります。

全然違う話ですが、映画「UDON」観て来ました。

私の好きな役者さんがいっぱい出ていました。

たかがうどん、されどうどん。

うどんひとつで物語を作れる映画監督の才能に感服しつつ

誰にでもソウルフードってあるよな、と思いました。

私の場合パンと味噌汁の取り合わせも良いのですが、やっぱ酒かな。

地元の酒「土佐鶴」うまいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金曜日)

シュレッダー

昔は業務用しかなかったシュレッダー。

確かに安価に便利になり家庭にも普及して来ましたがそれが仇になって

子供の指を切断したという事故が報道されています。

何かが半強制的に吸い込まれていく様子は

大人でも若干恐怖心をもつかもしれません。

シュレッダーといいエレベーターといい

電気の力で生活が便利になる一方

その危険も隣り合わせであることを忘れてはならないと思います。

写真はハンドシュレッダー、私も持っています。

ハンドパワーなので危なくないし省エネだし、何かと便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火曜日)

ハンカチ王子

そういうあだ名がついたとかつかないとか。
早稲田実業の斉藤投手
私もずーっと試合見てましたが
思わず、「両方優勝させてあげればいいじゃん」と
思いました。
タオル地のハンカチ。
吸水性も良く、アイロンもあんまりあてなくていいので
楽チンで、私も結構いっぱい持ってます。
そんなに高くもないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金曜日)

LITTLE JAMMER

これが何であるか、本人も良くわかっていません。

音楽に合わせて、演奏するミュージシャンの人形・・のセットです。多分。

映画「スゥイング・ガールズ」にハマり、自らトランペットを習い始めたおばかな私。

そういうおもちゃがある事を前に新聞広告で知っていましたが

今日、職場でネットサーフィンしていて再び発見。

どうしても欲しいです。

博愛精神に満ち溢れた奇特な方、どなたか私に買ってください。

どうも画像のサンプルが出ないようですが、むっちゃかわいいです。

興味のある方、必見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木曜日)

Vits

私の愛車です。

以前乗っていた軽4が高速で火を吹き、止まって以来「走って 曲がって 止まったら 何でもえいきもって来て」と頼んで持ってきてもらいました。

足が不自由なので、車はいわばライフラインでもあります。過日、運転席のウインドウが壊れ、至急トヨペットさんに行ったのですがその対応、サービスの良さには脱帽でした。

今、何かと物議をかもしているトヨタですが、さすが日本で1、2の企業接客に携わる者として、見習うことばかりでした。

高知トヨペット ヴィユーあさくら 恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3丁目の夕日

今日から少しずつ
自分が買ったり、読んだり、観たりしたものをのっけていこうと思います。
いわゆる、アフィリエイトですね。

最近、よく観ています。
ずいぶん昔、コミックでは読んだのですが
原作の西岸良平さんって、いったいおいくつくらいの方なんでしょう?

日本アカデミー賞とかたくさんとったみたいで
かなりおもしろいです。

時代は多分昭和33年頃
建設中の東京タワーとか出てきます。

キャストも今が旬の須賀健太君(でしたっけ?)
堀北まき(字がわからない)さんをはじめ
堤 真一 さんや薬師丸ひろ子さんが脇を固めます。

私くらいから上の年代の方
どっぷりとノスタルジィにひたりたい方におすすめです。

主題歌を歌っている D-51もいいんですよ、これが。

最近、自分の昔の話を書きたくなって少し書いていましたが
なんだか内容がまとまらなくなってきたので

それはそれで、別のサイトに移そうかどうしようか検討中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水曜日)

靖国神社ってやっぱ特別なんだ

やはりその頃

「訓練」という、いわばリハビリの時間があって

歩行訓練と称して、近くの小高い丘の上にある忠霊塔(?)に

連れていってもらった記憶がある。

でももう今は、そこへの道のりも忘れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月曜日)

大停電より大停戦

今から思えば非常識かもしれないが

子供の頃、何かにつけ「せんそうかいしはーじめた」

という実にあやしい掛け声とともに、仲間と遊びに興じるのだった。

今ではもうセピア色になってしまった思い出を

僕はきっと一生忘れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土曜日)

祭り・よさこいは観る物ではなく踊るもの

P252is0001573113_1 子供の頃、毎年のように踊りの練習をさせられた。

「慰問」と称し、施設にもたくさんの踊りのチームが訪れた。

その頃はそうでもなかったのに

大人になった今では自分が踊りたくて仕方がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木曜日)

鰻ビビンバ丼が食べたい

施設は病院施設でもあり

3度の食事の時間とメニューは決められていて

食事の時間の合図に施設内に音楽が流された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水曜日)

ナガサキ 原爆の日

施設で過ごした最後の年

修学旅行で長崎・広島に行った。

駆け足の旅行だったせいか、広島での記憶が薄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火曜日)

今日は気温が39度だったらしい

施設には一番多い時で、120人からの子供がいて

僕はそこで、誕生日を9回迎えた。

施設では毎月、「誕生日会」があり

その月に誕生日を迎えた子らが仲間に祝福された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日曜日)

ヒロシマ 忘れてはならない夏がある

Img_0288_1 その施設で、ある日事件があった。

お風呂に入っていた人がケガで血だらけになった。

兵隊さんの亡霊が出たと言うウワサだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土曜日)

人は何故、戦い、争う事を止めない?

Img_0288 僕の住むこの町も、昔、練兵場があり

子供の頃住んでいたその施設では

真夜中に運動場をを行進する「ざっ、ざっ」という

兵隊さんの軍靴の足音が聞こえるという話を、何度も聞かされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木曜日)

時々、何もかも放り出そうと思う事がある

あの頃と同じように、町にはレンガ造りの赤い蔵があり

細いドブ川が流れていて

何故だか僕は、今でもそのすぐ傍で生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火曜日)

プール

Img_0287_1 昔、この町には2頭の鹿がいた。

子鹿だったかどうか、今ではもうわからない。

鹿の檻があった所には、今ではその施設のプールがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »