« 戦争はいやだ | トップページ | 人は忘れられるから生きていける »

2005年10月21日 (金曜日)

「はっぱのフレディ」と「南君の恋人」

前回に続き、本の紹介です。

記事の右下の方にあるブログの方に教えてもらった本、「はっぱのフレディ」。私の書評は極力控えますが、「いのち」の絵本でした。繰り返す命、個人的には輪廻とか食物連鎖とかイメージしてしまいました。

「南君の恋人」 これも私の大切な一冊です。最近テレビでリメイクされたようですが、原作は結構前です。人それぞれ捉え方があっていいと思いますが、人を思いやり、愛するとは何かと言うテーマが深い所で流れているように感じます。

どちらも右に紹介しておきます。

|

« 戦争はいやだ | トップページ | 人は忘れられるから生きていける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47638/6504468

この記事へのトラックバック一覧です: 「はっぱのフレディ」と「南君の恋人」:

« 戦争はいやだ | トップページ | 人は忘れられるから生きていける »